まんまるが居間に佇む

日々のへんてこ事件・のほほん時間の覚え書き。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -
<< 誕生日のお祝いに♪ | main | あんまり寒いので、 >>

大阪の水なす♪

先日、大阪から宅急便が届いた。
私は留守にしていたのだが、
家にいた相方くんが代わりに受け取ってくれた。
帰宅して、はて誰から何を頂いたのかと見てみると、
それはなんと!
水なすの糠漬けであった。

贈り主は、昨年の夏期スクーリングでご一緒したTさん。
彼女は今年もスクーリングを受けていたので、
折角だからと先月、横浜でお夕飯を一緒にしたのだ。
もちろん相方くんも一緒である。

しかぁし、彼女には、実は卒業祝いのワインも頂いているのである。
まさに、頂きっぱなし(汗)
横浜でのお夕食は、ワインのお礼のつもりだったのだが(滝汗)

そんな訳で、早速彼女にお礼の電話をかけた。
そうしたら、彼女の第一声は以下であった。

「お夕飯に間に合いましたか?」

確かに16時頃に水なすは到着していた。
何と彼女は、
我が家のお夕飯に間に合うように水なすを送ってくれたらしい。

とてもとても感激した。
今時、そんなところまで気遣いができる人は、そうはいない。

彼女によれば、
その水なすは大阪ではぷっくりした形に育つのだが、
他の土地で育てると長くなってしまうのだとか。
そして、そのなすは金気を嫌うので、
包丁で切るのは最小限にして手で裂くといいのだそうだ。

早速、彼女の言う通りにして食してみた。

一つずつ糠床ごとパックしてある袋を開けると、
たっぷりの糠床の中から、絞れそうなくらいに水分をたたえた、
ぷっくり可愛らしく太ったなすが♪

ざっと洗ってへたを取り、軽く包丁で十字を入れ、
手で裂いて口に入れると、これがまぁ!

何とみずみずしいことか!!
こんな美味しいなすの糠漬けなんて食べたことがない。
塩気は強からず弱からず、なすのほのかな甘みがうれしい。
本当に美味しい。生きててよかった♪

相方くん共々、大感激しながら食べ終えて、
ふと見れば、なすの抜け殻のようになってる糠床が!
ふっふっふ♪
労せずして美味しい糠床を手に入れてしまった♪♪

という訳で、
水なすの袋を開けて中身を食べてしまう度に、
残った糠床を集めて、茄子やキュウリ、キャベツなど漬けてみる。
ふっふっふ♪
やっぱり美味しく漬かるじゃん♪♪

ただ、どうしても糠床がゆるいので
(もともと水分の多いなすを包んでいたからね)、
毎日精米する時に残る糠を混ぜてやる。
これで美味しい糠床、キープできるかな?

美味しい水なすと美味しい糠床をプレゼントしてくれたTさんに、
感謝感謝!!
家の中の話 | permalink | comments(0) | - | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする