まんまるが居間に佇む

日々のへんてこ事件・のほほん時間の覚え書き。

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | -
<< 貴重な夏休み。 | main | 船の中のおんな♪ >>

わざわざ言わないけど、してること。

相方くんの貴重な夏休みにデート三昧。
観劇の後に、食事に行った。

ネットで予め調べておいたのは地元の店で、
今から帰ったんじゃ閉店時間に間に合わない。
ここで食べていくかと歩き出し、
駅近くのちょっとだけお高い居酒屋へ。
ウエイターのお兄さんは、本日のお勧めの説明も立て板に水。
耳が少し悪い私は、ちょっと聞き取れなかった。
しかし、聞き返せば分かりやすく説明してくれるので、好感度アップ。

おぼろ豆腐や鰯を甘辛く煮たもの、鰺が入ったサラダや焙った鯖の刺身、
煮穴子ののったあぶりずしなどなど、適当に何品か頼んで、
私は白桃ワインのソーダ割り、相方くんはモルツで乾杯!
ワインをソーダで割っているので、
我が膵臓ちゃんにも殆どアルコールの影響はない。

おぼろ豆腐には薬味が付いてきたが、
我が家は普段から冷や奴には何も載せないかけない。
醤油をかけるなんてのは、もってのほかなのだ。
何せ「いかさし」を醤油なしで食べる相方くんですからね〜。

このおぼろ豆腐が、何もつけなくても
ほんのり遠くで塩の味がして、これが大豆の甘みを呼んで美味しい。
まぁ、一鉢900円なんだから、美味しくなかったら暴れるかも(うそ)

でも、ふと薬味に添えられた塩に目がとまり、
ほんの少し、豆腐にかけて食べてみる。

・・・!
おいし〜い♪

さらに大豆の甘みが引き出されて、とっても美味しい。
でも、このお塩、ただのお塩とは思われない。
なんか特別な塩なのかな?

全てきれいに平らげて、
グラスに残った氷を口の中であっちやったりこっちやったりしていたら、
先のウエイター君がやってきて、
彼のお薦めの甘辛に煮た鰯の感想を訊いてきた。

ウエイター君「お口に合いましたか?」
ちゃあ「・・・(汗)」
相方くん「美味しかったよ」

ウエイター君「(私を見て)厨房の励みになりますから、ぜひ一言ご感想を」
ちゃあ「・・・(汗)、・・・(汗)」
ウエイター君「・・・?」
相方くん「・・・(苦笑)」

ちゃあ「ばりぼりぼりばりぼり(と氷をかみ砕き)・・・、ふぅ。
    やーっと口が空いたぁ!」
ウエイター君「・・・!(と驚き、顔をくしゃくしゃにして笑う)」
ちゃあ「(ほっとして)美味しかったよ〜♪甘みが強いのにさっぱりしてて♪♪」

といったやり取りの後、
件のお塩についてウエイター君に訊いてみる。

すると、この塩は買ってきてそのまま使っているものではなく、
塩に水と板昆布を加えて煮詰め、炒り塩になる前に乾燥させたものなのだそうだ。
うわっ、手間がかかってる!

メニューにもなーんも書いてないけど、
ちょっとしたところにまで気を配って料理してるんだな、と思った。
ここは良いお店だな。
きっとまた来よう。

美味しい料理とお酒と心遣いに、
ほくほくしながら店を後にしたのでした。
食べ物の中の話 | permalink | comments(2) | - | - | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | -

この記事に対するコメント

>ばりぼりぼりばりぼり(と氷をかみ砕き)

相変わらず、お茶目なことしてるんだなぁ…(爆)
まるっこい子供も、それよくやるよ。
とどっち | 2006/08/20 10:14 PM
とどっち、いらっしゃい♪

「お互い、歯が丈夫だねぇ、よかったねぇ♪」と、お伝え下され(汗)
ちゃあ | 2006/08/23 7:45 PM
コメントする